組積工事

株式会社 曽我工業

03-3978-1091

〒178-0063 東京都練馬区東大泉4-19-3

営業時間 / 8:00~18:00 定休日 /日曜日・GW・夏冬

組積工事

組積工事について

ALC工事

木目調のキッチン

組積工事なら、東京で建設のプロとして活動する株式会社 曽我工業が承ります。
ALCは、高温高圧蒸気養生処理によって製造され、ホルムアルデヒドなどの有害化学物質を一切含まず、アスベスト含有率がなんと0%の軽量気泡コンクリート板という建築材料です。
外壁・床・屋根・間仕切りなどに主に用います。
コンクリートの約10倍と言われる断熱性と、優れた遮音性が魅力です。

ECP工事

青空と高層ビル

ECP(押出成形セメント板)は無石綿工業製品のパネルで、力学的性能、耐久性能、耐火性能、耐震性能に優れ、タイル・塗装・素地など、自由に仕上げを選ぶことが可能です。
中高層の鉄骨建築物の外壁や間仕切り壁に主に用いる材料になります。
東京の当社では、これまでオフィスビルや工場、倉庫などの建設のご依頼を承っています。
ご要望に合わせて最適な施工を行います。

その他の工事

サイディング工事

戸建住宅二階の外観

サイディングは、外壁に張る乾式の板状の外装材の総称です。
色や柄などのデザイン性が高く、豊富な種類があり、比較的安価であることや軽量で建物を支える躯体にも優しいため、人気があります。
また、メンテナンス性にも優れ、新築戸建住宅をはじめ、外壁リフォームなどに多く利用されています。
建設のプロである東京の当社は、新築・リフォーム問わず施工が可能です。

シーリング工事

白を基調としたお風呂

建物の防水性を維持するために必要なのがシーリング材です。
外壁の目地をはじめ、外壁とサッシ、窓ガラスとサッシ、さらに風呂場などにある隙間を埋めるために使用されています。
そのため、ひび割れや剥がれなど、シーリング材の劣化を放置すると、雨漏りなどに発展する可能性があるのです。
建設においてシーリング材を使用する施工なら東京の当社にお任せください。

耐火被覆工事

リビングでくつろぐ家族

あらゆる建設のご依頼を承る東京の当社では、耐火被覆にも対応しています。
簡単に説明すると、建物を保持する鉄骨を火災による被害から守るための処置です。
具体的には、建築基準法において耐火構造を必要とする建築物の柱、梁、壁、屋根及び階段の各部位が確かな耐火性能を得られるように被覆します。
建設のプロである東京の当社は、それぞれの部位に最適な施工が可能です。

コア穿孔工事

目隠し用の柵

仮設ハウスの通気孔から、一般家庭の外壁であるサイディング、ブロック塀、天井裏などに穴をあける建設作業がコア穿孔です。
配管やダクトを新設する場合によく行われます。
建設のプロである東京の当社には、穿孔機械に精通する職人が在籍していますので、安心の施工をお届けします。
もちろんビルなどにも対応しますので、コア穿孔の施工は東京の当社にお任せください。

タイカダンパネル(断熱工事)

倉庫で確認中の男性

あらゆる建設に対応する東京の当社は、タイカダンパネルを用いて断熱を実現しています。
断熱は、住宅などの室内温熱環境が外部からの影響を受けにくくする効果があります。
建設のプロである東京の当社は、タイカダンパネルを使用した施工で、断熱性はもちろん、耐震性もアップさせます。
住宅のみならず倉庫などにも施工可能ですので、断熱対策ならお気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラ

〒178-0063 東京都練馬区東大泉4-19-3
営業時間 / 8:00~18:00 定休日 /日曜日・GW・夏冬

TOP