放っておけない寝覚めの悪さ

株式会社 曽我工業

048-475-9000

〒352-0023 埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

営業時間 / 8:00~18:00 定休日 /日曜日・GW・夏冬

放っておけない寝覚めの悪さ

2020/09/10 放っておけない寝覚めの悪さ

 

 

 

 

 

おはようございます。

本日もご覧頂きありがとうございます。

 

朝にスッキリ起きられない原因は精神的なものばかりではなく、身体の異常を知らせる重要なサインであることも考えられるそうです。

寝覚めが悪くなる主な原因として、夜更かしと過度の飲酒が影響するようです。

そのうえで、「鉄欠乏性貧血」と「起立性調節障害」が、影響する可能性もあるという。

 

鉄欠乏性貧血について、「鉄分が体内で不足した結果、全身に酸素を運ぶヘモグロビンが生産できなくなり、体内の組織が酸欠になった状態」だそうです。

体内に蓄えられた鉄分が減少するにつれて、頭痛、動悸、息切れ、疲れやすくなる、そして「寝覚めの悪さ」といった症状が徐々に表われてくるそうです。

 

具体的な疾患として、過多月経のほか悪性腫瘍などによる消化管からの慢性的な出血もあるといい、貧血をもたらす原因を放置すれば最悪の場合、死に至ることも考えられるそうです。

 

起立性調節障害については、交感神経と副交感神経という自律神経のバランスが乱れるために生じる。

身体の成長に対して自律神経の発達が追いついていない思春期によくみられるそうで、小学生の約5%、中学生の約10%がこの障害を抱えているそうです。

 

朝だるくて起きられない、眠気、立ちくらみ、倦怠感、頭痛、動悸、失神、無気力、イライラ、そして「寝覚めの悪さ」といった症状は午前中に強く、午後から夜にかけて改善するのが特徴とのこと。

重症になると上半身や脳への血流低下を招き、日常生活が著しく損なわれ、長期的に不登校や引きこもり状態になることがあるという。

学校生活やその後の社会復帰に大きな支障が出ることもあるというから深刻な問題です。

 

過多月経、冬でも氷を食べる、爪が弱く割れや凹みがあるといった貧血による症状や、朝だるくて起きられない、午前中が特にだるいといった起立性調性障害の症状があれば、内科の受診をおすすめするそうです。

 

それでは本日も一日頑張りましょう。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 曽我工業

【電話番号】
048-475-9000

【住所】
〒352-0023
埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

【営業時間】
08:00~18:00

【定休日】
日曜日・GW・夏冬

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP