豪雨や水害への備えや対処法

株式会社 曽我工業

048-475-9000

〒352-0023 埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

営業時間 / 8:00~18:00 定休日 /日曜日・GW・夏冬

豪雨や水害への備えや対処法

2020/09/03 豪雨や水害への備えや対処法

 

 

 

おはようございます。
本日もご覧頂きありがとうございます。

 

毎年のように日本各地で発生している記録的豪雨。今年も九州南部を中心に猛烈な雨に見舞われ、河川の氾濫や土砂崩れが相次ぎました。いつ自分の身の回りで発生するかわからない水害に対し、どのように備え対処すればよいのでしょうか。

 

水害は、主に「外水氾濫」と「内水氾濫」に分類されるそうです。『外水氾濫』とは河川の水位が上昇し、堤防からの越水や決壊により、家屋の倒壊や浸水などが生じる大規模水害のことです。『内水氾濫』とは、コンクリートやアスファルトなどに覆われた都市部にて発生する都市型水害のことです。雨水は通常、下水道の雨水管やポンプ施設などを通じて河川へと排水されます。しかし降水量がそれらの処理能力を上回った場合、排水しきれずオーバーフローした水がマンホールから逆流し、道路冠水や建物への浸水が生じることがあります。

さらに住居への浸水に関しては、浸水程度により2種に分類されるそうです。住居の床上まで水が入り込む50cm以上の浸水を『床上浸水』、50cm未満を『床下浸水』と分類します。

 

自分の意思で避難ができない高齢者や乳幼児、体の不自由な方がご家族にいる場合は、浸水がひどくならないうちに、2階以上の部屋へ移動するなどの『垂直避難』を行うことが重要だそうです。

垂直避難とは、建物内の上階などへ避難し危険を回避する方法。避難が困難な家族がいる場合は、「どんなとき、どこへどのように避難するか」を普段からシミュレーションしておきましょう。

 

いつどこで外水・内水氾濫が起きてもおかしくない昨今。各市町村で作成されている『洪水ハザードマップ』に浸水想定区域と示されているか確認し警戒しましょう。

それでは、本日も一日頑張りましょう。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 曽我工業

【電話番号】
048-475-9000

【住所】
〒352-0023
埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

【営業時間】
08:00~18:00

【定休日】
日曜日・GW・夏冬

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP