労働過重、人員整理……悪化する職場環境でモチベーションを上げる方法

株式会社 曽我工業

048-475-9000

〒352-0023 埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

営業時間 / 8:00~18:00 定休日 /日曜日・GW・夏冬

労働過重、人員整理……悪化する職場環境でモチベーションを上げる方法

2019/06/08 労働過重、人員整理……悪化する職場環境でモチベーションを上げる方法

おはようございます。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

「働き方改革」が声高に叫ばれる中、労働環境は改善されるどころか、大手企業であっても「安定」などという言葉はもはや神話になりつつあります。
人員削減による残された者への負担増、強制的な人事異動など悪化していく環境にストレスを背負い込む毎日。
いっそ転職してしまおうかと憂鬱な気分で朝を迎える人も少なくないでしょう。
それでも食いぶちを稼がねばならないので、自分で自分の尻をたたいて会社へ向かうのだが……。
仕事のモチベーションを上げる方法についてお話しします。

■モチベーションの土台は心身の「健康」

大前提に、モチベーションの土台となるのは「健康」だそうです。
モチベーションとは、「人が物事を行うにあたっての意欲・やる気をいい、目には見えない人間の感覚的なエネルギーのこと」。
疲弊していてはエネルギーなど発揮される余地もないです。
まずは大前提として心身ともに状態を健康にすること。
その上でモチベーションを上げるための方法を、長中短期的にと段階を追って講じていこう。

■長期的対策:仕事で得られる利益に目を向ける

あなたは今の仕事を楽しめていますか? イエスと即答できる人はどれほどいるのでしょうか。
私たちが物事を楽しめる理由は大きく2つに分かれている。
娯楽的な要素と「利益」である。
ならば、例えば仕事の対価である給料に焦点を絞り、「この作業でお金をもらえる」と捉えれば、少しは楽しくなるはずだ。
一見意味のない単純作業でも、長期的に見れば、思いもよらない能力となる可能性だって否定できない。
モチベーションを自然と向上させる方法として、「仕事に取り組むことで得られる多くの利益に気づくこと」を挙げ、「仕事の進め方や掘り下げ方一つで、人の能力はいくらでも開発され、やればやるほど自分の能力は向上していく」と発想の転換を促す。

労働環境に変化をもたらすのは、企業の業績悪化だけではない。
人口減少や多国間自由貿易などの社会情勢の変化、AIやビッグデータ解析などの技術進歩などを背景に、今後もビジネス環境や就業環境は変化していくものです。
このような時代に労働者がモチベーションを向上させるためには、「主体的に自分をマネジメントする力」が必要となってくる。
それは仕事に対してだけでなく、この“予定不調和”な時代を生き抜くためにも不可欠な力なのではないのでしょうか。

 

それでは本日も一日頑張りましょう。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 曽我工業

【電話番号】
048-475-9000

【住所】
〒352-0023
埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

【営業時間】
08:00~18:00

【定休日】
日曜日・GW・夏冬

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP