言いたいことを上手く伝える方法

株式会社 曽我工業

048-475-9000

〒352-0023 埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

営業時間 / 8:00~18:00 定休日 /日曜日・GW・夏冬

言いたいことを上手く伝える方法

スタッフブログ

2019/05/17 言いたいことを上手く伝える方法

 

 

おはようございます。
本日もご覧いただきありがとうございます。

本日は、言いたいことをうまく伝える

鉄板の方法をお話しします。

人を動かすには「15秒で伝える」ことを心がける『相手のキャラを見きわめて15秒で伝える!』。

研修などで教えているノウハウや、

すぐに使えるワザをご紹介します!

営業職はもちろん、部下や上司とのコミュニケーションで悩んでいる人は必見です。

話始める前に一度、頭の中で整理する 「ダンドリ会話術」を身につけよう

 

今回は伝え方の基本をご紹介します。

勢いで話し始めたけど、途中で何を話しているか分からず、ゴールも見えなくなって支離滅裂…

という経験はないでしょうか。

「君は一体何が言いたいのかよくわからないな。

ちゃんと整理してから話しなさい」こう言われた経験がある人は、ぜひしっかりと最後まで読んでください。

話が整理されて上手な人と、話が整理されずに支離滅裂な人の大きな違いは何でしょうか?

これは、ダンドリが分かって話をしているか、ダンドリが分かっていないかの違いです。

まず、最初に何を話して、次に何を説明し、その次にどう伝えて…というダンドリ通りに話すことができれば、実は支離滅裂な話にはならないのです。

 

では、ダンドリとはどういうものでしょうか?
代表的な型でPREP(プレップ)法

というものがあります。
この型は知っている人もいると思いますが、使い方にはコツがあります。
それぞれ英語の頭文字を取っていますので、その意味は次のようになります。

 

伝え方は 「結論から」話す

 

Point:結論から話す
まずは、話のポイントとしてどんな話をするのかを結論から話します。

 

Reazon:理由を話す
なぜその結論に至ったのかの理由を話します。

 

Example:事例や具体的なエピソードを話す
結論をより理解して貰うための具体的な話をします。

 

Point:結論で締める
最後のまた結論に戻って締めます。

この型を頭の中に入れて、PREPの順番でダンドリを組み立てて話をするのです。
そうすることで、誰でも話が支離滅裂にならずに整理して話すことができます。

 

そして、この中で一番大事なのは

3つめのExampleです。

 

まずは伝える前にPREPで整理して、

そのダンドリ通りに話すのです。
ダンドリで話す練習をすれば上達も早まるでしょう。
昨日まで話し下手の人も、是非試してみてください!

それでは本日も一日頑張りましょう。

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 曽我工業

【電話番号】
048-475-9000

【住所】
〒352-0023
埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

【営業時間】
08:00~18:00

【定休日】
日曜日・GW・夏冬

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP