外国人労働者 受入基準見直し

株式会社 曽我工業

048-475-9000

〒352-0023 埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

営業時間 / 8:00~18:00 定休日 /日曜日・GW・夏冬

外国人労働者 受入基準見直し

2019/02/21 外国人労働者 受入基準見直し

 

 

 

お疲れ様です。

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

本日は、建設業界ニュースをお送りしたいと思います。

 

 

内容は、「技能実習生・建設労働者の受け入れ基準見直し」についてです。

 

 

国土交通省は建設分野の外国人財を受け入れ基準を見直す。

技能実習制度と外国人建設就労者受け入れ事業の二つの制度について、受け入れ企業と外国人に対し、建設キャリアシステムの登録を求める。

 

 

適正で安定的な賃金の支払いなど処遇に関する基準の追加する。

 

 

現在、約5万人の外国人を受け入れているが、外国人技能者の失踪や建設現場での外国人の不法就労といった課題が指摘されている。

 

 

外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法(入管法)が昨年12月に成立。

新たな在留資格となる「特定技能」の創設のほかに、技能実習生の適正な保護や、失踪者の減少に関する措置を求める付帯決議が盛り込まれている。

 

国交省は付帯決議や外国人の受け入れ実態、新設する特定技能の受け入れ基準を踏まえ、技能実習生と外国人建設就労者の受け入れ基準を見直す。

受け入れる企業や、外国人技能者の適正な処遇に関する基準を追加する方針だ。

 

受け入れ企業、技能実習生・外国人建設就労者が、CCUSに登録していることを基準とする。

安定的な賃金支払いの規定も設けるとともに、外国人建設就労者に対しては技能習熟に応じた昇給や、雇用契約締結前に重要事項の書面(母国語)での説明も基準に加える。

 

特定技能にも同様の基準が設けられる。

これにより、建設現場に従事するすべての外国人技能者がCCUSカードを持ち、就労履歴や保有資格を業界統一のルールで蓄積できる。

日本人と同等以上の報酬が安定的に支払われるなど、適正な処遇を得られる環境が整うことになる。

 

 

 

近年、建設分野に携わる外国人の数は増加傾向にあるそうです。

こうした新たな基準を設けることによって、より多くの外国人労働者が日本で働いてくれそうですね。

 

 

それでは本日も頑張りましょう!

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 曽我工業

【電話番号】
048-475-9000

【住所】
〒352-0023
埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

【営業時間】
08:00~18:00

【定休日】
日曜日・GW・夏冬

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP