コロナ禍でも上手にデジタルデトックスを取り入れる方法

株式会社 曽我工業

048-475-9000

〒352-0023 埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

営業時間 / 8:00~18:00 定休日 /日曜日・GW・夏冬

コロナ禍でも上手にデジタルデトックスを取り入れる方法

スタッフブログ

2021/05/27 コロナ禍でも上手にデジタルデトックスを取り入れる方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます。

 

一定期間、PCやスマホなどの使用を

控えることを意味する

「デジタルデトックス」を

皆さんは実践しているでしょうか。

テレワークやオンライン授業など

デジタル技術によりさまざまな

不便が解消されているコロナ禍では

これまで以上にデジタル機器が

手放せないのではないでしょうか。

 

デジタルデトックスの必要性や方法

 

外出や人との接触を自粛せざるを得ない中

デジタル技術を活用する状況は

より促進されそうです。

そのデメリットはあるのでしょうか。

 

デジタル機器から情報過多な状態が

続くと、イライラや不安感、孤独感を

生じやすくなるほか、睡眠障害など

具体的な症状として現れる

場合もあるといいます。

 

そんなときこそ「デジタルデトックス」

が必要だそう。

具体的にどうすればよいのでしょうか。

 

不要なアプリ通知を減らす

自宅内に「デジタルフリーゾーン」

をつくる、寝室にスマホを持ち込まない

SNSの使用時間に制限をかけるなど

簡単なことからはじめてみましょう。

 

大げさに考えず、デジタル機器と

距離を取る時間を作ればよいのです。

まずははじめることから心がけたいですね。

 

アナログを取り戻す必要性や方法

 

デジタルよりアナログの方が

よいことはあるのでしょうか?

 

それは「対面でのコミュニケーション」

です。私たちは無意識に対話する相手に

合わせて瞳の大きさを変えたり

相手のボディランゲージを

真似たりしています。

また、一緒にいる人との距離により

相手へ抱く親しみや共感度

信頼度が異なることもわかっています。

対面でのコミュニケーションが

難しい現状、テレワークや

オンライン授業などで他者と

コミュニケーションを取るときは

できるだけアイコンタクトを

意識するとよいそうです。

 

デジタル世界で日常的にやってしまうこと

を見直すと、新たな発見もあるようです。

 

自分たちがデジタル機器を使っている

つもりが、逆に使われてしまっている

といったこともあるかもしれません。

できる範囲でデジタルデトックスを

習慣づけ、心身のストレスを軽減

しながら上手にデジタル機器と接しましょう。

 

それでは本日も一日頑張りましょう。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 曽我工業

【電話番号】 048-475-9000  【FAX】 048-475-9001

【メール】s.soga1119@gmail.com

【住所】〒352-0023 埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

【営業時間】 8:00~18:00

【定休日】 日曜日・GW・夏冬

【インスタ】

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP