自身をも救った松下氏の「人を大切にする経営」

株式会社 曽我工業

048-475-9000

〒352-0023 埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

営業時間 / 8:00~18:00 定休日 /日曜日・GW・夏冬

自身をも救った松下氏の「人を大切にする経営」

スタッフブログ

2021/03/22 自身をも救った松下氏の「人を大切にする経営」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お疲れ様です。

「人を大切にする経営」を

貫き、危機を克服した松下氏の

エピソードもいよいよ本日が

最後になります。

 

 

■公職追放を命じられるも、

従業員の嘆願により現場復帰

 

 

これまでの「人を大切にする経営」が

松下氏自身を救いました。

 

 

時は1945年。

 

 

敗戦した日本の復興のため、

松下氏は生活必需品の生産に全力を傾けていました。

 

 

10月には生産と販売を軌道に乗せたが、

インフレのため資材費、人件費は高騰。

 

 

売上が月100万円にも満たない中、借入金は2億円、

その利息負担だけで月80万円という「火の車」の状態でした。

 

 

 

そんな中、GHQから松下氏以下、

すべての役員の公職追放が命じられました。

 

 

時の権力に逆らう術は無く、万事休す。

 

 

ただ、これに黙っていなかったのが、

松下電器の従業員たちでした。

 

 

「社主、松下幸之助は、全従業員の中心となる大黒柱である。

再び会社を盛り立て、従業員の生活の安定を

保つためには、絶対に彼が必要だ!」

 

 

こうして、全従業員の90%以上が、

松下氏の追放解除を要請する嘆願書に署名しました。

 

 

従業員以外のものも加え、

1万5000通もの嘆願書がGHQに送られました。

 

 

この熱意がGHQを動かし、

松下氏はわずか半年で追放を解かれることになりました。

 

 

終戦直後の激しいインフレの中でも、

「せめて従業員の給料だけは支払う」と、

莫大な借金を抱えながら堪え忍んだ松下氏。

 

 

その後、朝鮮戦争の勃発による特需で

松下電器の業績を急回復させると、

続いて到来した高度経済成長期の波に乗り、

同社を世界的な大企業へと成長させていきました。

 

 

現在、新型コロナが世界中に暗い影を落としています。

先が見通せない状況が続きますが、そんなときこそ、

松下氏が生涯をかけて体現した

 

「人を作り、人を大切にする」

 

という理念を思い起こしたいです。

 

 

 

次回の更新も楽しみにお待ちください‼

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 曽我工業

【電話番号】
048-475-9000

【住所】
〒352-0023
埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

【営業時間】
08:00~18:00

【定休日】
日曜日・GW・夏冬

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP