お餅代

株式会社 曽我工業

048-475-9000

〒352-0023 埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

営業時間 / 8:00~18:00 定休日 /日曜日・GW・夏冬

お餅代

2020/12/23 お餅代

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます。

 

みなさんは、

「お餅代」という名目で

年末にボーナスをもらったことは

ありませんか?

 

もらった事のある人は、当然

「お餅代」を耳にしたことがあると思います。

 

私は、2.3年前くらいに知ったのですが、

名前の通り「お餅代」は、

お餅を買うために支給される

お金だと勝手に思い込んでました。

 

しかし違いました。

 

ふとした時に私は、

お餅を買うにしては

貰っている金額が高いなー

と思ったのです。

 

 

ちなみにお餅代の相場は、

おおよその平均額として、

1万円~5万円程度です。

 

 

弊社でも、おおよそ

そのくらいの金額です。

 

 

弊社では、面白いことに

誰がいくらと

決まっているわけでなく、

あみだくじで、もらえる金額が

変わってきます。

 

 

さて、話を戻します。

 

お餅を買うには高すぎる、

「お餅代」とは、、

 

餅代(もちだい)の意味

もちだい【餅代】 の解説

餅の代金。

年末の臨時収入。年末一時金。ボーナス。また、正月用の餅を買うわずかな金銭。「これでは餅代にもならない」氷代

年末、政党や党内の派閥が所属議員に配る活動資金。氷代

引用:餅代(もちだい)の意味 – goo国語辞書

 

 

ということです。

つまり、賞与と言えるほどの

金額ではなく、極端に低い金額の際に、

今は少額でも買えるが、

年末の縁起物であるお餅を買うくらいの

お金にはなるだろうということで、

「餅代」と表現しているのですね。

 

 

調べると色々な意味合いがあり、

もう少し前向きな意味ですと、、

業績が良くて、冬のボーナス以外に

年末一時金として特別賞与を

与えることになったときに「餅代」と

表現したりします。

 

 

これなら通常のボーナス額とは

かけ離れた少ない金額だったとしても、

すでに冬のボーナスはもらっているので

さらに例年以上に業績が良かったことで

もらえる額が増えるのでうれしいですよね。

 

 

ちなみに、鹿島建設のHPでは、

賞与の起源が「餅代」だとも

記載されています。

 

 

こういった言葉にも色々な意味合いや

歴史があり調べてみると楽しいですね。

 

 

ぜひ、あなたも気になった言葉を

調べてみてください。

 

お正月の楽しい雑談にでも

なるかもしれませんね。

 

 

本日もご覧いただき

ありがとうございました。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 曽我工業

【電話番号】
048-475-9000

【住所】
〒352-0023
埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

【営業時間】
08:00~18:00

【定休日】
日曜日・GW・夏冬

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP