あおり運転2

株式会社 曽我工業

048-475-9000

〒352-0023 埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

営業時間 / 8:00~18:00 定休日 /日曜日・GW・夏冬

あおり運転2

スタッフブログ

2020/11/27 あおり運転2

 

 

 

 

 

 

おはようございます。

 

あおり運転の被害直後のベストな対応について。

 

あおり運転の被害にあったときに

警察と弁護士をどう活用すれば

よいか調べました。

 

あおり運転で被害にあった場合

まず警察に通報します。

そして、ドライブレコーダーの

映像を提供するなどして警察に

協力していくことになります。

刑事責任を問われるべきなのに

警察の腰が重いような場合

弁護士に相談しながら告訴状を

作成するなどして警察の捜査を

促すことも選択肢になるそうです。

 

民事上の責任はどう問えばよいのでしょうか。

 

あおり運転の民事責任の追及

(損害賠償請求)については

積極的に弁護士を活用すべきです。

損害賠償請求にあたっては、被害者が

あおり運転の態様、損害の内容・金額

因果関係などを証拠に基づいて

主張立証していく必要がありますが

この作業は労力的にも精神的にも

なかなか大変で、法的な知識も

求められるそうです。弁護士に

依頼するのが安心だそうです。

 

あおり運転とは具体的にどのような

行為か知っておくことも重要です。

ちなみにどんな行為があおり運転

となるかは以下の通りです。

 

車間距離を極端に詰める、急な進路変更、

急ブレーキ、危険な追い越し

対向車線へのはみ出し

執ようなクラクションやパッシング

幅寄せや蛇行運転

高速道路での低速走行や駐停車

 

あおり運転は防ぐことが難しいです。

だからこそ準備と事後対応が重要です。

頭の中にいれておくだけでもいざと

なったときに役に立つはずです。

 

自分だけでなく加害者や後続車の

ドライブレコーダーを証拠として

活用することもあるというのは驚きです。

 

それでは本日も一日頑張りましょう。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 曽我工業

【電話番号】
048-475-9000

【住所】
〒352-0023
埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

【営業時間】
08:00~18:00

【定休日】
日曜日・GW・夏冬

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP