慢性疲労症候群ってどんな病気?

株式会社 曽我工業

048-475-9000

〒352-0023 埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

営業時間 / 8:00~18:00 定休日 /日曜日・GW・夏冬

慢性疲労症候群ってどんな病気?

スタッフブログ

2020/11/10 慢性疲労症候群ってどんな病気?

 

 

おはようございます。

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

長引く頭痛、消えない脱力感、眠れない夜

これからの症状が半年以上続いている

という人はいないでしょうか。

その症状、実は慢性疲労症候群という病気かも!

 

慢性疲労症候群の症状

 

「慢性疲労症候群とは、日常生活に

差し支えるような著しい疲労倦怠感のほか

微熱やのどの痛み、脱力感、筋肉痛

頭痛、不眠、過眠などの症状が

長期的に続く病気です。

風邪をひいた後に発症するのが

典型的ですが、『いろいろと

検査したけどどこにも異常がない』

というのが一つの特徴だそうです」

 

この病気のやっかいな点は原因が

ハッキリとしておらず医師の間でも

認知度が高くないというところ。

そのため、早期発見が非常に難しく

発見できたとしても治療を行える

医療機関が少ないそうです。

 

放っておくと、日常生活に支障を

きたすのはもちろん、寝たきりに

なる可能性もあるそうです。

できるだけ早期に対応を行いたい

ところだが、どうしたら良いのでしょうか?

 

どんな治療をするの?

 

風邪をひいたら内科、怪我をしたら

外科を受診するが、慢性疲労症候群の

治療を専門的に扱う「〇〇科」は

今のところ存在しません。

心療内科や精神科など、科によって

治療法は異なるが、班目院長の病院では

「内臓の機能改善」という点から

アプローチを行っているそうです。

 

「慢性疲労症候群には、身体が

冷えている方、胃腸の弱い方が多いそうです。

『内臓の機能はその臓器に流れている

血液量に比例する』という考え方をします。

血液の流れが滞る最大の敵は

冷えと筋肉のコリです。

実際に、体を温めただけで疲労倦怠感や

痛み、不眠、過眠はかなり改善するそうです」

「体を温めるのに一番良いのは入浴です。

ただし、シャワーだけだと身体の清潔は

保てますが、内臓の温度を上げることはできません。

そのため、定期的に、湯たんぽで体を

温めておくのがおすすめだそうです」

 

体に冷えた箇所があると、その部分が

温まる前にのぼせてしまうのだそうです。

 

予防策は?

 

慢性疲労症候群の予防策はシンプルで、

「体の機能全体を整えておくこと」。

つまり、健康的な食生活や良質な

睡眠を基本に、冷えやストレスを

なるべく遠ざけることが必要になる。

忙しい現代人からは「それができれば

苦労しないよ」という声が聞こえてきそう

だが、すべての病気に通ずることは確かです。

 

「医学そのものが細分化されてきて

いますが、私はシンプルに日常生活を

整えることが大事だと考えています。

胃腸の調子が悪い人は、ご飯の噛み方を

改善するだけでも劇的な変化が

見られることがあるそうです」

 

「健康的な生活」と聞いて連想するのが

運動だが、実は注意が必要とのこと。

 

「基本的に慢性疲労症候群というのは

真面目な性格の人がなりやすい病気です。

ある程度疲れが溜まった状態なら

まずは疲れを取ることが先です。

運動は逆効果になるでしょう。

健康な人がやっていることを真似するなど

良かれと思ってやっていることが

逆効果になっている人もかなり多いそうです」

 

慢性疲労症候群は、いわば体が

悲鳴を上げている状態。

自分一人ではなかなか対策を

取りづらいが、今はインターネットで

何でも調べられる時代だ。

慢性疲労症候群の治療を行う病院を

調べてから相談に行くと良いでしょう。

 

それでは本日も一日頑張りましょう。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社 曽我工業

【電話番号】
048-475-9000

【住所】
〒352-0023
埼玉県新座市堀ノ内1-4-35

【営業時間】
08:00~18:00

【定休日】
日曜日・GW・夏冬

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP